気温の低下、エアコンの影響、代謝の低下などにより肌は乾燥しやすくなります。肌に水分を補給し、保持するために最適な保湿対策化粧品を紹介します。乾燥肌、敏感肌、アトピー肌に最適なセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合した化粧品を中心に紹介します。
乾燥肌に欠かせない保湿対策化粧品。人気の保湿対策化粧品を実際に購入して体験してみました。美容成分や価格で比較し、乾燥しやすい季節に最適な化粧品をピックアップしました。

保湿対策化粧品選びのポイント

角質層のバリア機能がポイント!

乾燥した肌は化粧のりが悪く、キメが粗くなりがちです。寒さによる空気の乾燥やエアコンなどの影響で肌は常に乾燥しやすい環境にあります。また、年齢とともに代謝が低下し、肌の水分を保持する力も低下してきます。肌の保湿状態は表面による角質層の状態によって決まりますが、角質層の水分が30%以下の状態が乾燥肌です。肌に潤いがなくなり、カサカサ肌になってしまいます。



乾燥した状態が続くとバリア機能も低下し、紫外線やアレルゲンなどの外部刺激が侵入し、肌が荒れやすい状態(敏感肌)になってしまいます。保湿対策で大事なのが「皮脂、天然保湿因子、セラミド」です。その中でも角質のバリア機能で最も重要なのがセラミドになります。セラミドは角質層の細胞間脂質と呼ばれて、水分を挟み込み、角質層細胞の隙間を埋める役割をします。

肌に元々あるセラミドですが、年齢と共に減少してしまいます。その為に肌水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌になってしまいます。そこで使用したいのがセラミド配合の化粧水やクリームです。洗顔後や入浴後、すぐに化粧水やクリームを付けることで肌水分を閉じ込めて潤いをキープすることが肌トラブルの原因をブロックすることにつながります。。

保湿対策化粧品ランキングBEST5

アヤナス
価格:1,680円 送料無料
アヤナスには「ヒト型ナノセラミド」を配合。角質層の水分を保持して潤いをキープします。さらにベントナイトを配合したクリームで肌の表面をしっかりカバー。コラーゲン生成を促進するCVアルギネートも配合。
つつむ
価格:1,470円 送料無料
保湿に特化したつつむにはヒト型ナノセラミド、アミノ酸を配合。クリームにはベントナイトを配合し、肌表面をしっかりガード。
ヒフミド
価格:980円 送料無料
全てのラインにヒト型セラミドを配合したヒフミド。角質層を潤いで満たし、バリア機能も強化。低刺激だからアトピーでも安心。
米肌
1,500円 送料無料
お米を発酵させたライスパワーエキスが角質層の奥までしっかり浸透し、セラミドの産生をサポート。
アスタリフト
1,000円 送料無料
ヒト型ナノセラミドを配合したジェリーでしっかり保湿。アスタキサンチン、リコピンも配合。

保湿対策化粧品 選び

「保湿対策化粧品ランキング【乾燥肌の保湿ケアにはコレ!】」について
秋から冬にかけて気温、湿度が下がると肌水分は蒸発しやすくなります。加齢は乾燥への推移と言われ、年齢を重ねる事に代謝が落ち、セラミドや皮脂を生成する働きは弱くなります。乾燥肌、敏感肌を改善する保湿対策化粧品としてお勧めなのはセラミド配合の化粧水、クリームなどです。角質層に水分を保持し、バリア機能を整える作用があります。肌バリア機能を保持することで、乾燥からくる肌トラブルを抑制してくれます。バリア機能が乱れていると紫外線によるシミの原因となるメラニン色素が発生しやすくなります。さらに炎症により活性酸素が発生し、細胞にダメージを与え、シワの原因にもなります。ダニやハウスダストなどの外部刺激が侵入するとアトピーの悪化にもつながります。保湿対策化粧品で注目されているものにディッセンシアシリーズ、ヒフミドなどがあります。ディッセンシアシリーズにはエイジングケアを目的にしたアヤナス、シミ対策のサエル、保湿に特化したつつむがあります。全てのシリーズにセラミドを使用しており、保湿対策におすすめです。セラミドを配合した乾燥肌化粧水やクリームでしっかり保湿することで、様々な肌トラブル、肌老化を抑制します。