トップページ >  > 美白点滴でシミ対策

美白点滴でシミ対策



美白点滴は美容成分をダイレクトに血液中に摂り入れることが可能です。経口摂取のサプリや内服薬、注射に比べて、即効性と効果に優れています。

美白点滴は美容外科で行われる医療行為です。主な美容成分にビタミンC、ビタミンB群、プラセンタなどがあります。ここでは美白点滴の効果や費用などについて紹介します。

ビタミンCの美白点滴



美白点滴で最も使用されるのがビタミンCです。ビタミンCにはチロシナーゼ酵素を阻害するメラニン抑制効果に加え、黒色メラニンを還元して薄くする効果もあります。

その他、コラーゲン合成作用によるシワやたるみの改善、毛穴の引き締め効果、活性酸素を阻害する効果などもあります。

プラセンタの美白点滴



プラセンタはヒトの胎盤から抽出された成分。アミノ酸、成長因子(ペプチド)、核酸、ビタミン、ミネラル、ムコ多糖類などの成分が豊富に含まれています。

プラセンタは細胞活性化作用に優れています。基底層の細胞分裂を促進し、ターンオーバーを正常化。シミの排出をサポートします。紫外線によって発生する活性酸素を阻害する効果にも優れています。

その他にも、線維芽細胞を活性化することで肌のハリや弾力の改善、更年期症状の改善などにも有効です。注意点としてプラセンタ点滴やプラセンタ注射をしている人は、献血が出来ません。

グルタチオンの効果

グルタチオンとはグルタミン酸、システイン、グリシンで構成されている美容成分です。医薬品として注射や点滴に使用されています。美容クリニックではシミ改善のために使用されています。歌手のビヨンセが使用していることでも有名です。

グルタチオンには強力な抗酸化作用があり、メラニン色素が出来るのを防止します。また、還元作用にも優れており、出来てしまったメラニン色素を濃くしない働きや肌色メラニンを増やす働きがあります。ビタミンCと相乗効果を発揮するため、同時に血液に送るとさらに美白効果が期待できます。

ビタミンB群

美白点滴にはビタミンB群も多く使用されています。ビタミンB1は糖質代謝効果があり、疲労回復や疲れの改善、ストレス改善に効果があります。ビタミンB2は脂質代謝作用に加え、皮膚や粘膜の再生に欠かせません。ビタミンB6は炎症を抑える効果があり、肌荒れや吹き出物の改善に有効です。

美白点滴の費用や頻度について



美白点滴は美容クリニックで行われる医療行為です。自由診療のため、保険は効きません。費用はクリニックによって異なります。1回につき6,000円から15,000円程度。頻度は週に1回から月に1回程度です。点滴時間は20分から30分程度です。

●新宿銀座スキンケアクリニック
新宿銀座スキンクリニックではαリポ酸を配合したシンデレラ注射(1回6,000円)、グルタチオンを配合した白玉注射(1回6,000円)、ビタミンCを配合した韓流美白注射(1回6,000円)などがあります。

●イデア美容皮膚科クリニック
ビタミンCを主成分とし、ビオチン、プラセンタなどがふくまれており、1回4,320円、10回38,880円となっています。週に1回程度を目安に点滴を行います。

●品川美容外科
品川美容外科では白雪点滴を行っています。グルタチオン、αリポ酸、ビタミンB群などが含まれています。非会員1回13,880円、会員1回11,100円です。

●高須クリニック
高須クリニックではスーパー美白点滴が行われています。プラセンタ、ミネラル、核酸、ビタミンCなどが配合されています。1回10,000円、月1回が目安です。その他、高濃度のグルタチオンを配合した美白点滴(1回10,000円)も実施しています。

美白点滴は美容成分をダイレクトに血液中に摂り入れることが可能です。経口摂取のサプリや内服薬、注射...