トップページ > ヒフミド > ヒフミドのポイント、体験談

ヒフミドのポイント、体験談

セラミドで水分保持
冬になり湿度が低くなると、肌の水分が取られてバリア機能は乱れます。ヒフミドに配合されているヒト型セラミドが角質層の細胞間をしっかり埋めて、肌の水分を保持します。さらにリピジュアが肌の表面をカバー。角質層のバリア機能を強化することで紫外線などの外部刺激から肌を守ります。とろみがありますが、べたつきなくゆっくりと浸透します。翌朝も肌が非常にしっとりしています。
外部刺激から肌を守る
ヒト型セラミドを4%配合。角質層の隙間をしっかり埋めてバリア機能を強化します。セラミド以外にも脂質になるダイズステロールを配合し、水分をしっかりとキープ。ホホバオイル、マカデミアナッツ油が肌表面に膜をつくり、外部刺激をブロックします。べたつきなく、しっかり伸びて浸透します。肌が長時間もっちり。小じわや毛穴のしまりが良くなりました
低刺激UVケアで紫外線ブロック
UVクリームにもヒト型セラミドを配合。SPF28,PA++だから日常生活での紫外線を十分にブロックしてくれます。パラベン、香料、紫外線吸収剤フリーだから敏感肌でもヒリヒリする事なく使用する事が可能です。粘り気がありますが、非常に伸びがよく、しっかり浸透します。保湿力があり、肌への刺激がないUVクリームを探している方に最適です。
セラミドで水分保持 冬になり湿度が低くなると、肌の水分が取られてバリア機能は乱れます。ヒフミドに配合されているヒト型セラミドが角質層の細胞間をしっかり埋めて