トップページ >  保湿対策の基礎知識 >  ホホバオイル

ホホバオイルの効果



ホホバオイルはホホバの実から採れる天然オイルです。ホホバの木は2年以上、水を一切与えなくても枯れずに自生できる植物です。ホホバオイルは保湿力、殺菌力などに優れており、保湿ケアに有効です。また、酸化しにくく防腐剤を加えなくても長期保存が可能です。

ホホバオイルには精製された透明タイプと非精製のゴールデンタイプがあります。無印のホホバオイルは精製タイプです。精製タイプは価格が安いというメリットがありますが、熱を加えて精製することでビタミンなどの成分が壊れてしまいます。非精製タイプは価格が高くなりますが、ビタミンE、アミノ酸、ミネラル、ビタミンAなどのが豊富に含まれています。

●ワックスエステルで潤いを保つ
ホホバオイルにはワックスエステルと呼ばれる成分が含まれています。これは人の皮脂に非常に近い成分です。ワックスエステルには外部刺激の侵入を防ぐバリア機能と肌水分が蒸発するのを防ぐ保湿作用があります。

●アトピーによる肌荒れを抑制
アトピー肌は角質層のバリア機能が乱れています。バリア機能が乱れるとアレルゲンなどが侵入し、炎症を引き起こします。ホホバオイルは肌荒れの原因となる細菌を阻害する作用があり、肌荒れを予防、改善します。

●ニキビケアにもホホバオイル
ホホバオイルに含まれる油分は皮脂を溶かす作用があります。毛穴につまった皮脂を溶かす作用があり、毛穴の詰まりを改善します。その結果、皮脂の過剰分泌によって発生するアクネ菌の繁殖も抑制します。

●ビタミン群で代謝を促進
熱を加えてない非精製のゴールデンタイプのホホバオイルにはビタミンE、ビタミンA、アミノ酸、ミネラルなどが豊富に配合されています。ビタミン群やミネラルには代謝を促進する作用があり、ターンオーバーの改善をサポート。毛穴の詰まりや肌老化の改善にも有効です。

ホホバオイルの使い方



●保湿ケアは入浴後
乾燥肌の保湿やアトピーケアは入浴後に使用します。化粧水をしたあとに、ホホバオイルを3~4滴を手に取り、顔の内側から外側にむかって伸ばします。ホホバオイルはべたつきなく、浸透性にも優れており、肌水分の蒸発を抑制します。

●クレンジングとして使用
ホホバオイルはメイクや油分などを落とす作用があります。クレンジングの際はホホバオイルをたっぷり手に取り、肌になじませることでメイクを浮かせませす。さらに、少しずつホホバオイルを手に取り、指の腹でなじませながら落とします。

●頭皮ケアとして使用
頭皮の皮脂による毛穴の詰まりを改善します。洗髪前にホホバオイルを頭皮にたっぷりつけ、指の腹で頭皮にシワを作るようにマッサージをします。それから、蒸しタオルで頭皮をくるみ、15分ほど放置します。その後にシャンプーをしてしっかりと洗い流します。

オーガニックホホバオイルのクチコミ


31歳 乾燥肌

乾燥肌で肌荒れし易いため、保湿クリームをいろいろ使っていました。知り合いからホホバオイルを教えてもらい、ナチュラルオーケストラのホホバオイルを購入しました。化粧水に数滴混ぜてから使っています。べたつきなく、肌すごくしっとりします。乾燥による炎症も減り、非常に満足です。


37歳 敏感肌

お風呂上がりに化粧水と一緒に使っています。乾燥し易い肌が朝までしっとりしています。さらに、生理前のニキビができにくくなりました。朝はブースターとして使用することで化粧水などの浸透もよくなります。伸びがよいので数滴でも十分ケアできます。


31歳 敏感肌

朝はホホバオイルを数滴つけてから化粧水をしています。ホホバオイルを使いだしてから肌の潤いがかなり持続するようになりました。夜はお風呂でパックしています。肌がすごく柔らかくなり、毛穴がすごく引き締まります。生理前の肌荒れも減少し、かなり気に入っています。



ナチュラルオーケストラ ホホバオイルの詳細

熱を加えず無精製のゴールデンホホバオイル。皮脂の同じワックスエステルをはじめ、ビタミンA、ビタミンE、アミノ酸、ミネラルなどが豊富に含まれたオイル。アトピー、ニキビ、クレンジングなど様々な用途に対応。
2,778円
34ml
ワックスエステル、ビタミン群
保湿、クレンジング、殺菌など
クレンジング、ヘアケア、アトピーケア、ニキビケアなど、様々な用途で活躍するホホバオイルの効果について紹介します。