乾燥肌におすすめの洗顔石鹸

洗顔石鹸でまず重要なのが洗浄成分です。洗浄力の強い合成界面活性剤(石油系界面活性剤)を配合した石鹸は避けることが重要です。合成界面活性剤は皮脂膜だけでなく、角質層のバリア機能を壊してしまう作用があり、肌がヒリヒリして吹き出物がでやすくなります。



石鹸を選ぶ際には合成界面活性剤不使用と表記していかをチェックします。他にどのような成分を配合しているかも非常に大切です。敏感肌や乾燥肌の場合は植物由来のココナッツオイル、ホホバオイルなどの植物由来オイルを配合したタイプは潤いを持続してくれます。洗いあがりもしっとりします。8種類の植物由来オイルを配合した「チョコラドバーン」などが販売されています。

馬油を配合した石鹸も肌に優しく人気があります。楽天でよく売れている「池田さんの石鹸」は石油由来の合成界面活性剤や合成ポリマーなどは一切使用していません。馬油にこだわり、赤ちゃんやアトピー肌の人でも安心して使用できる石鹸に仕上がっています。馬油には潤い補給だけでなく、代謝をよくする働きもあります。

モズクから取れるフコイダンをたっぷり配合した「もずの魔法石鹸」も人気です。純度100%のフコイダンエキスだから敏感肌でも安心。フコイダンには肌の汚れを吸着する働きがあり、肌への負担を抑えつつ洗顔ができます。さらに保湿や肌荒れ対策をサポートする植物由来の天然エキスも配合。合成界面活性剤も使用していないので安心です。

洗顔をする歳には弾力ある泡を作る事が大切です。泡立てずにゴシゴシと洗い、摩擦が発生すると角質のバリア機能が壊れてしまいます。泡を顔にのせて、手で滑らすように洗うのがおすすめです。Tゾーンが気になる場合などは少し念入りに洗います。洗顔時の水温は35度前後がおすすめです。41度を超えると皮脂が溶けやすくなり、乾燥してしまいます。
乾燥肌、敏感肌の人におすすめの洗顔方法、洗顔石鹸などについて。