トップページ > トリニティライン > 保湿対策化粧品「トリニティライン」のおすすめポイント

保湿対策化粧品「トリニティライン」のおすすめポイント

セラミドでバリア機能改善

保湿で最も重要なのがセラミドを始めとする角質細胞間脂質です。トリニティラインには天然型セラミドをはじめ、セラミド類似性分を配合。角質層のバリア機能を改善し、水分をしっかり保持します。その他にも、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの潤い成分、皮脂膜の作用があるスクワランも配合し、肌をしっかり保湿します。

ハリ、弾力改善

トリニティラインには白樺樹皮エキスを配合。白樺にはコラーゲン合成をサポートするビタミンC、血流改善作用のあるサポニン、フラボノイドなどが含まれています。その他にも、細胞活性化作用のあるアルギニン、リジン、アスパラギン酸なども配合。肌の代謝を活性化することで、ハリと弾力を改善します。

炎症などの肌荒れ抑制

トリニティラインには炎症を抑える甘草根エキス、オトギリソウエキスをはじめ、活性酸素を阻害するツボクサエキス、ゼニアオイ花エキスなどを配合。外部刺激による炎症や活性酸素によるシミやニキビなどの発生を抑制します。

セラミドでバリア機能改善 保湿で最も重要なのがセラミドを始めとする角質細胞間脂質です。トリニティラインには天然型セラミドをはじめ、セラミド類似性分を配合。角